サイバー法人台帳ROBINS

「サイバー法人台帳ROBINS」は、JPIDECが運営するインターネット空間で「企業に関する基本的な情報(名称、住所、URL、メールドメイン等)」を「信頼できる情報」として企業自らの責任で提供できる企業情報データベースです。 

 
サイバー空間は、中小企業のビジネスにおいても
非常に重要な空間です。
ROBINSに掲載することで、サイバー空間の足場を作りましょう。
 

 

第三者による情報確認とは

「サイバー法人台帳ROBINS」の情報を信頼できる情報にするためには、社会保険労務士等の資格者による第三者の確認により情報が社会的に信頼できる仕組みになっております。
 確認者は、事業者から頂いた情報を「ROBINS情報確認ポリシーガイドライン」及び「ROBINS情報確認ポリシーガイドライン別紙」に沿って、事業者の名称、所在地、企業コードなどの属性情報をROBINSに掲載するために情報を証憑と照らし合わせ、確認します。
 
 ROBINSにお申込み頂くまでの流れ

経営労務診断

経営労務管理に関わる基本規定(就業規則等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等)に関する診断項目について、人事・労務管理の専門家である社会保険労務士が確認・診断を行います。
 社会保険労務士による確認・診断の結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、その結果を社会保険労務士の電子署名を付してROBINSサイトに掲載します。
 診断情報がROBINSサイトに掲載された企業は、基本規定コンプライアンスをクリアした企業ということになります。


 
 

 経営労務診断サービス」は、人事労務管理の専門家である社会保険労務士だけが行えるサービスです。 
 掲載されている企業の労務管理の情報について、労務管理の専門家である社会保険労務士が確認・診断していることにより、客観的事実として信用することができます。